【Instagram(インスタグラム)】「Shadowban(シャドウバン)」について

Instagram(インスタグラム)

Instagram(インスタグラム)のハッシュタグが反映されない原因と解除方法

Instagram(インスタグラム)の自動ツールを利用した事のある方ならば、一度はすでにかかった方もいるかもしれませんが、、、、

皆様「Shadowban(シャドウバン)規制」と呼ばれる事象は、ご存知でしょうか?

シャドウバン規制とは、Instagram(インスタグラム)のハッシュタグ検索結果に規制されたアカウントの投稿が反映されなくなることでございます。

Instagram(インスタグラム)において #ハッシュタグ は、他人が自分を見つけやすくするために非常に重要なもの。

・Shadowban(シャドウバン)規制にかかっていても #ハッシュタグ を付けての投稿は行う事が出来る。
・すでにフォロワーになっている方のタイムライン上には、通常とおり流れる。

上記理由により、Shadowban(シャドウバン)規制にかかっていることにすぐに気付かない事が多いかもしれません。

※インスタグラム公式では、Shadowban(シャドウバン)規制は発表されてはおりません。

エンゲージメント率の低下や、新規フォロワーの伸びが著しく悪くなった場合は、規制にかかっているかもしれません。

フォロワーになっていないアカウントから、#ハッシュタグ検索で、投稿が発見できるか確認してみる事でしか、規制にかかっているか判別ができません。
(過去に沢山投稿されている有名なハッシュタグの場合は、ハッシュタグ付きで投稿を行っても、一瞬で埋もれてしまうので、マニアックな小さいハッシュタグで確認するようにしましょう)

発生の要因としては、

・Instagram(インスタグラム)アカウントに携帯電話の番号登録をしていない事
・日々のアクション数が規定回数より上回ってしまっている
・問題のあるハッシュタグを利用している
・あなたのアカウントが頻繁に通報されている

事が考えられます
※アカウントの開設時期が間も無いものや、フォロワー数少ないものが規制にかかりやすいです。

解除方法は、許可済みのアプリを一時停止し、全てのアクションを一定期間差し控える事です。
※許可済みのアプリ一覧はブラウザでInstagramにアクセスし、あなたのプロフィールページで歯車のアイコン⚙をクリックし、「許可済みのアプリ」をクリックするとみることができます。

時間的には、48時間で解除された報告もございますし、長いもので2週間以上かかった案件もあるようです。

コメント